ニュース


【御礼】2013年7月20日開催シンポジウム参加者の皆様へ

立命館大学デザイン科学研究センター
シンポジウム「大阪茨木におけるスマートコミュニティのデザイン」
にご参加いただきました皆様へ

2013年7月20日土曜日に大阪府茨木市にて開催いたしましたシンポジウムにご出席いただき、ありがとうございました。

研究センターの開設記念とともに、立命館大学による同地での新たなキャンパスの開設に向け、「スマートコミュニティ」の現在と「あるべき姿」をテーマにさせていただきました。皆様と問題共有をさせていただけましたこと、研究センターとして非常に貴重な時間でした。

学校法人として、より良い地域市民となるべく努力するとともに、デザイン科学研究センターのミッションとして「豊かな生活時空間」のあるべき姿を議論し、課題先進国日本の各種問題解決に貢献できるよう、努力精進いたします。今後とも、ご支援ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

また、この度は時間の都合上、ご参加くださいました皆様からご意見等をいただく機会を設けることができず、ご迷惑をおかけしました。

我々の不手際をご容赦いただけましたら幸いです。ご意見等がございましたら、ぜひセンター事務局の方までメールにていただけますよう、よろしくお願いいたします。なお、ご支援のメールも大歓迎です。

シンポジウムをきっかけに、大阪茨木市及び北摂地域のみならず、ますます「暮らしの未来」を語るスマートコミュニティ/シティの議論が盛り上がり、地域と産業がともに進化していける新たな道筋が見つかればと我々は期待しております。

土曜日の暑い日、シンポジウムにご参加いただけましたこと改めて御礼申し上げます。

当日の報告は、こちらからご覧ください。

 

立命館大学 デザイン科学研究センター長
善本 哲夫

 

大阪茨木におけるスマート・コミュニティのデザイン

PDFを表示