ニュース


2013年11月15日開催シンポジウム「安心・安全のデザイン」のお知らせ

※多数のご参加ありがとうございました。

安心・安全のデザイン
―「誰もが安心・安全を考えるデザイナー」 になれたら、すばらしいと思いませんか?―

私たちが「持続可能な社会」の「あるべき姿」を語る時、それは必然と「暮らしの未来」をイメージしていることでしょう。「暮らし」は「日常の生活空間」で営まれています。

この「日常」を「安心と安全」の視点から描き出し、昨今の課題とみなさんと一緒に考えてみたいとの想いから、シンポジウムを企画しました。

「誰もが安心・安全を考えるデザイナー」になれたら、すばらしいと思いませんか?

シンポジウム詳細

日時:2013年11月15日(金) 14:00〜16:45
場所:立命館大学 朱雀キャンパス 1階多目的室 →地図はこちら
参加費:無料
プログラム

第1部

・基調講演:
栗原 潤一(株式会社ミサワホーム総合研究所 取締役副所長)
・特別講演:
二見 徹(日産自動車株式会社 電子技術開発本部 IT&ITS 開発部 エキスパートリーダー
(兼)企画・先行技術開発本部 技術企画部 エキスパートリーダー
(兼)総合研究所 研究企画部 エキスパートリーダー)

第2部
・ラウンドテーブル:
栗原 潤一
二見 徹
豊田 尚吾(大阪ガス株式会社 エネルギー・文化研究所 主席研究員)
伏屋 信宏(株式会社東芝 コミュニティ・ソリューション事業部シンセシスセンター 参事)
八重樫 文(立命館大学デザイン科学研究センター 事務局長、経営学部・准教授)
モデレーター:
善本 哲夫(立命館大学デザイン科学研究センター センター長、経営学部・准教授)

主催:立命館大学デザイン科学研究センター

DSC_sympo1115_miniPDFを表示